(症例1) 腰から膝にかけての痺れがなくなった!

8年ほど前から右の腰から膝にかけて痺れが出るようになり、整形外科へ行きましたが異常なしとの診断をされました。

仕事をして疲れが出ると痺れが強くなり、その都度整形外科へ行きましたが、特に治療方針は変わらず、痛み止めの薬と注射を打ちな

がらダラダラと時間だけが過ぎていき、7年が経ちました。年々痺れが強くなってきていたので、何か変えないとマズイと思い、

針治療が良いと友人から聞いたので、近くに最近できたGOはり灸整体院さんへ通ってみることにしました。注射が苦手でしたので

針治療は怖いイメージでしたが、先生が針の細さや効能などしっかり説明してくださったので、リラックスして受けることができま

した。また、多少チクッとはしましたが思っていたより痛くなくて、いつ刺されたか分からないものもありました。治療は1時間

ほどで終了。人によって治療後の症状の変化が出てくる期間に差があるのと、だるくなることもあるとのことで体に変化が出るのを

楽しみにしながら寝ました。翌日、言われたとおり少し腰の辺りがだるい感じがして少々仕事が辛かったですが、整形外科に通って

いた頃とは違う体の変化に少し嬉しくなりました。

その2日後の起床時にいつもあった腰痛がないことに気付き、そのせいか少し痺れも緩和されているように感じました。

嬉しくなり日頃何もやってなかったのですが、先生にやるように言われたストレッチも風呂上がり後に始めることにしました。

この生活を何とか続けつつ、治療院へは最初の1ヶ月は週1回のペースで通い、その後は仕事の都合もあったので、2週か3週に1回

のペースで通いました。私の場合は上半身は痛いところがなかったので、下半身のみということで、1回4000円という値段も

助かりました。少しずつ痛みと痺れが引いてきて、5ヶ月ほど経ったときには痺れがなくなっていました。いつ消えたかは正確には

分かりませんが、気が付くとなくなっていたという感じです。痺れはがなくなっただけでも嬉しいですが、仕事で疲れが貯まると腰が

だるくなるので、現在も2週か3週に1回のペースで通っています。ただ、通う前のような腰痛もないし、痺れもないので、行かなく

ても全く問題ないですが、また戻るのが嫌なので、良い状態が続くようにこれからも通うと思います。

H30,11,7  40代男性 N,Sさん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

PAGE TOP